高く売れやすい茶道具作家や高く買取されるコツを知ろう

人気が高まっている茶道具

茶道具は最近人気が高まってきています。世界的に抹茶文化などが認知され、外国人の間では一度抹茶がどんなものか飲んでみたいと感じている方が増えています。本格的な茶道セットは実用的なので特に人気が高くなっています。

高い価値がある茶道具(作家別)

高橋道八

清水焼を極めている高橋道八の茶道具は、外国人から特に人気があります。査定にだすと10万円前後の買取価格が期待出来ます。ですが、現在8代目となっているので、世代によって買取価格が大きく変わります。世代が古くなればなるほど価値が上がりますが、中でも初代と3代目が高いです。

角谷一圭

角谷一圭は、人間国宝の釜師として広く知られています。作品の市場価値はとても高く、査定でも25万円前後の価格が付けれられています。比較的重めになっている茶釜は、持ち運びによって傷がつく恐れがあるので査定員に家まできてもらった方がいいでしょう。

一保堂

1864年から続いている老舗の一保堂は、これまでにたくさんの高額買取の記録が残っています。こちらも25万円前後で買取されたことがあります。また、幅広い作品があるので、コレクターがよく購入しています。

金重陶陽

金重陶陽は茶道具の中でもトップクラスに価値が高いことで知られています。高いものだと40万円以上の価値がついたこともあります。なので、コピー品が非常に多いという特徴もあります。金重陶陽の作品を持っている方は、一度本物か確認してみてはいかがでしょうか。

裏千家十三世

裏千家には、茶道具の王道といえる作品がたくさんあるので、メディアでよく取り上げられています。なので、外国人に最も知られている作品と言っても過言ではありません。他の作家に比べると価値は高くないが、それでも数万円~数十万円で取引されています。

高く売れやすい茶道具作家や高く買取されるコツを知ろう

茶道道具

茶道具は高く売れやすい

茶道具は、他の骨董品などに比べて実用性が高いので、需要がとても高いです。ですが、高く売るためには少しコツが必要となります。なので、高く売るためにはどのようなことに注意すればいいのか紹介していきます。まずは、骨董品や古美術品を専門的に扱っている買取業者を利用することです。

価値を見極めるのが難しい

茶道具は、家電や家具と違いホントの価値を判断するのがとても難しいです。なので、色々なジャンルの商品を扱っているリサイクルショップなどに売るより専門的な買取業者を利用するようにしましょう。専門業者の査定員は、骨董品などの査定を多く行ってきているので、いろんなタイプの骨董品に対応できるでしょう。

付属品を揃えておく

基本的にどの買取業者でも、購入時に近い状態になればなるほど買取価格が高くなります。付属品などを揃えておくと、高く買取されます。逆に、付属品が揃っていないと買取金額が低くなります。付属品は、買取金額に大きく影響するので、箱・説明文・書物なども一緒に査定に出すことを忘れないようにしましょう。

複数の買取業者を比較する

買取業者によって査定額は大きく変わります。なので、一つの業者にのみ査定をしてもらって買取してもらうのはあまりおすすめ出来ません。複数の業者に査定額を出してもらって高い方に売った方がいいでしょう。査定額を出して、複数の業者を競わせることも出来ます。また、キャンペーンなどを行っている業者もあるので、そういった点も比較するといいでしょう。

あわせて読みたいオススメ記事

茶道道具

高く売れやすい茶道具作家や高く買取されるコツを知ろう

茶道具など買取価格がつけにくいものは、骨董品などを専門的に買取している業者を利用することで正確な買取価格が出されます。他にも高く買取してもらえるポイントをまとめているので、売却を考えている方は参考にしてください。

READ MORE
広告募集中